子育てしながら美味しいお酒を探すブログ

KOSODATE DOG

子育て

保育園を見学する時どこに着目すればいい?保活日記No.1

更新日:


来年4月の入園を目指して、ただ今絶賛保活中!
この3カ月で9園を見学して、見るべきポイントがわかってきたのでメモっておきます。

見学に行く前に

見学する保育園を選ぶ

まずは通える可能性のある認可保育園を書き出します。市町村のホームページに保育園の住所一覧が掲載されているので、そこから自宅近くと職場近くの保育園をピックアップします。

入園申込書には最大第5希望(市町村によって違います)まで記載することができます。見学してみると、それまでのイメージがガラリと変わったりすることもあるので、見学にはできるだけ多く行っておくことをおすすめします。

見学の予約をする

見学に行きたい日の一週間前には、予約の電話を入れましょう
また、いつでも見学できる園と、オープンスクールの日以外は見学を受け付けていない園があります。オープンスクールは月1回しか開催されていなかったり、人数制限があったりもするので、早めに電話しておくのがいいでしょう。

見学での見どころ

園の教育方針

園の教育方針が自分のと合っているかは、かなり重要なポイントです。

方針とかよく考えたことないからわからん…と思っていた私は、子どもがどんなところで日常を過ごしてほしいかを考えることにしました。

私の場合は、

  • 畑で野菜を育ててほしい
  • 泥まみれになって外で遊んでほしい
  • 3歳以降は文字を書く練習も少ししてほしい

でした。

なんとなくでもいいので、こんな子になってほしいな、こんな経験をしてほしいなということを頭に浮かべてみましょう

確認しておいた方がいいこと

1日のこどものスケジュール

スケジュールで園の方針の大部分がわかります。毎日お散歩や外遊びがあるか、お昼寝は何歳まであるか、絵本の読み聞かせがあるか確認しておきましょう。

毎日の持ち物

着替えの洋服は何着必要か、オムツは持参か(置きっ放しのところもあります)、3歳以降の主食は持参かどうか。最初はほぼ全て保護者の荷物ですので、把握しておきたいところです。

保育園料以外の費用

追加の給食料金(3歳以降の主食分)、紙オムツ処理料金、保護者会費等があるかどうか、また、お昼寝用布団や制服などの特別な出費があるかどうかも確認しておきましょう。

親が参加する行事

入園式卒園式、遠足、運動会など、親が参加する行事が何回あるのかを聞いておきましょう。それが土日なのか平日なのかも聞いておくと、心算が楽ですね。

布団カバーの持ち帰り頻度

毎週金曜にお昼寝布団のカバーを持ち帰り、月曜に洗濯したカバーを持ってくるところが多いです。

オムツについて

紙オムツに予め名前を書いてきてくださいというところもあれば、園で書きますというところも。また、布オムツのみで、歩いたらトレパンではなく普通のパンツを履かせますというところもありました。

慣らし保育の進め方

最初の1週間は、3時間程度で迎えにきてくださいというところもあります。親戚に迎えに行ってもらうなどの対応が必要な場合もあるので予め聞いておきましょう。

保護者会の会費・頻度

毎月保護者会費を集めてクリスマスパーティーのプレゼント資金にしているというところもあれば、毎月保護者会をしているというところもありました。

園と保護者の連絡

お迎え時には必ず5分程度お話をするという園もあれば、連絡帳が主なコミュニケーションというところもありました。

良い保育園と微妙な保育園の差

認可外保育園も含めてですが、私が見学した園で、ここはちょっと通わせたくないな…と思う瞬間がありました。

  • 保育士が髪を縛ってない。爪が長い。
  • オムツのダンボールが置きっ放し
  • 内装が独特すぎる(ANNA SUIのような感じ)
  • 扉が壊れっぱなし。ガムテープで止めてある

そして、明らかに良い保育園は

  • 見学担当者が名乗る
  • 紙ペラ1枚でも資料がある

の2点を必ずクリアしてきます。
特に資料がなくて、口頭の説明だけでも悪くはないのですが、あった方が園をアピールする「やる気」のようなものが感じられました。あれってどうだったっけ?なんていう疑問が浮かんでも資料を見れば思い出せたりしますしね。

まとめ

保育園選びは「教育方針」が重要です。方針がはっきりすると、おのずと合う保育園がわかってきます。長くて6年近くも通うことになる保育園、たくさん見学して選んでいきましょう。

いーじょう!

-子育て
-

Copyright© KOSODATE DOG , 2018 All Rights Reserved.