子育てしながら美味しいお酒を探すブログ

KOSODATE DOG

節約&仕事効率化

現金やEdy払いはNG!?とても使いずらかったヤマト運輸のクロネコメンバー割

更新日:

今日は、ヤマト運輸のクロネコメンバー割がなかなかモヤモヤするものだったので、その気持ちをそのままぶつけてみます。笑

クロネコメンバー割は制約があるので要注意

一番安く荷物を送れるサービスを探していたところ、ヤマト運輸に辿り着きました。それは「クロネコメンバー割」という割引サービスを使って荷物を送るというもの。(ヤマト運輸の正規料金はゆうパックより高い。)

会員情報を登録して「クロネコメンバー」になればいいのね、と思っていたが甘かった。

割引を受けるには、クロネコメンバーになって数日後に届く「クロネコメンバーズカード」が必要とのこと。

なーにー?すぐ荷物送れないのかいな!

待つこと数日。

届いたカードに「楽天Edy」のマークがあったので、Edyをチャージすればいいのね、と思ってコンビニでチャージした。これもまた甘かった。

「支払いはコレで」とスタッフにメンバーズカードを渡したところ、「あぁエディなんですね」と若干変な間が。しかも料金を見ると、あれ?割引されてない?

クロネコメンバー割が適応されてない?と指摘すると、あることが判明。

クロネコメンバーズ割を適用させるには、ヤマトのオリジナル電子マネーをチャージする必要があったのです。しかも1チャージの最低金額が5000円!!

ヤマト以外では使えない電子マネーをチャージしなくてはならない・・・つまりそれは、まだ予定が定まっていない荷物の送料を前払いするということ。

なんと不便なシステムなのだ!!!

しかも、着払いには割引適用されないなどの制約もあるのです。

ま、利用を試みる前に確認すべきだったんでしょうが、あまりにも微妙なシステムに唖然とした、というお話でした。

まとめ

  • 支払いが現金の場合は、ゆうパックの方が安い。
  • クロネコメンバー割を適用させる場合は、若干ヤマトの方が安い。制約があるので要注意。

荷物の大きさや発着地によって金額は変動するので、上記のことを踏まえて調べましょう。

いーじょう!

-節約&仕事効率化
-

Copyright© KOSODATE DOG , 2018 All Rights Reserved.